リバーサイドミュージック

日々の雑記

2012ベスト

今年、購入した音楽の中からのベスト

音色、音の広がりでびっくりさせたれたのはシュトックハウゼン。
サティの12の小コラールをオルガンの演奏で録音するWergo Labelには脱帽。
来年以降ももっとも興味があるレーベル。
1962年の電子音、アナログシンセの音が良いというより時代の音。深いエコー、作ってる人さぞかし楽しかったのでしょう。
電子音、富田勲が日本に初めてムーグを持ち込んで作った試作「銀河鉄道の夜」美しいノイズの向こう側から夢のようなメロディーが聴こえてきます。完全版はブリタニカの百科事典の音声教材という高い難易度。
戦前の白人ブルース、フランク・ハチソン。もうたまらんです。KKKが跋扈していた時代なんですよね。
Satanを歌うゴスペル。ブラッグ・フラッグの変態的なリフからフェイヒィのスタイルで作る変奏曲、シアン・ヌージェント。
朝聴くヴァンダイク・パークス。
2012年のピアノソロの名盤、石橋英子。
振って沸いたようなカレン・ダルトンの初期音源。
爽やかなジョン・ケージ。
無調、セリーでも美しいものはあり、音色と響きがヒント、メキシコ人作曲家カルロス・チャベス。

I'm Old/石橋英子(2012)
Carnival Of Souls/Combustible Edison(1994)
Katie Cruel/Karen Dalton(1966)
The Visitor From Inner Space/Tom Dissevelt / Kid Baltan(1962)
Get Back Satan/Rev. Roger L. Worthy & Bonnie Woodstock(1965)
Skepticasks/ilkae(2012)
Logan County Blues/ Frank Hutchinson(1927)
Woody/Hayden(2004)
Harmony 18/John Cage(1950,1985,2010)
You Are Everything/Christian Naujoks(2012)
Invention Ⅲ For Harp/Carlos Chavez(1967,2003)
Bing Crosby/Van Dyke Parks(1972)
My War Blues/Cian Nugent(2012)
Dance/Frantz Casseus(1954)
Peace in the Valley/Rev. Lonnie Farris(1963)
Douze Petits Chorals 1/Eric Satie(1906,1971)
Ensemble/Karlheinz Stockhausen(1967)
銀河鉄道の夜/富田勲(1972)

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2012/12/29(土) 21:18:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あけましておめでとうございます! | ホーム | アルヒーフレコード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://youseis.blog109.fc2.com/tb.php/88-f402bcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)