リバーサイドミュージック

日々の雑記

音盤大學、レコードと不可逆性

レコードと不可逆性

ある評論家が「文明は不可逆だ」という言葉を発しているのを耳にし、
やけに関心しています。
大学の授業を思い出しました。
東洋美術か何かの授業で青磁について調べました。
中国のある時代、とても良い青磁がたくさん作られたそうです。
しかし、素晴らしい作品ができたのはある時代だけ。
青磁を作るための窯、良質なものがなくなってしまったのです。
(どういった理由か忘れてしまいましたが)
まさに不可逆、一度壊れてしまうと後戻りはできないのです。

文明に限らず、多くのもが実は不可逆だと気づかされます。
人間関係、環境、恋愛、人生、文化、信頼、コミュニティー、社会、、
いろいろ当てはまりそうです。

当然あるもの、好きなもの、素晴らしいもの、当面でもうまくいっているもの
壊れると後戻りできないのです。
後悔し、思い出しながらもう一度構築しても、それは似ている違うものになります。
より愛しんで、守らなければなりません。


レコードももちろん不可逆性から逃れられませんが、見事に対抗しているなあと思います。
もちろん盤が痛んだりしてノイズが乗ったりしますが、
たとえば戦前の録音物でも、ちゃんと再生できます。
封じ込められた時代感、レコードに関係した周辺の人や空間、時間の堆積を考えると
クラクラしてしまいます。
音楽自体を楽しむことも当然ですが、そのクラクラする感じを楽しむのもレコードの醍醐味なのかなと。


さて、そんなレコードにまつわるイベント「音盤大学」が12/3-12/4に催されるようです。
もともと書きたかったのは、このイベントのことだったのですが、随分遠回りしてしまいました、、
レコードにまつわる(クラクラするであろう)話を豪華講師陣が講義という形で語ってくれるようです。
レコードショップや蒐集家によるレコード販売会も催されようです。
アナログ好きは是非訪れてみてください。

音盤大学
12/3(土) 11:00-20:00
12/4(日) 10:00-19:00
場所:大阪市立中之島図書館




  1. 2016/11/30(水) 00:44:36|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Sound Croud / おすすめプレイリスト #1 | ホーム | 【本】中沢新一/アースダイバー/2005年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://youseis.blog109.fc2.com/tb.php/158-7974ea51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)