リバーサイドミュージック

日々の雑記

何度目かの死

毎日、夜に死んで
朝、生き返るという感覚があります。

持病のせいの体調不良、強烈な偏頭痛のせいで
わりと肉体的な苦痛があることが多いせいなのかもしれません。

夜、どろどろと死んでいって
朝に違う自分として蘇るという感覚です。

厳密に言うと毎日ではなくて、3日間だったり1週間だったり、
生きている感覚が継続する期間はマチマチです。

以前、Three Times Deathという曲名を付けたことがありますが、
これはそのような感覚から来ています。



養老孟司の「逆さメガネ」という本を読んでいたら、同じようなことが書いていました。
人間は常に変化している。自分のことを同じ自分だと繋ぎとめているのは意識で、肉体では無い。
「昨日の私は」情報でしかない。

ああ、やっぱりと思って、ちょっと嬉しくなりました。



音楽なんかやっていると、新しいことやらないと、今までの自分と違うことをしないと、、
と強迫観念を持ってしまうことは間々あります。

そんなの、毎日自分が死んで、生き返っていると思うと、とても下らない思考です。
そもそも、違う自分が演奏していると思ったら。

忘れてしまった曲や、どうやって弾いているかわからない録音物がたくさんあります。
今年リリースしたテープの音源のほとんどの曲はどうやって演奏しているか良くわかりません。
とくに「忘れ物のワルツ」という曲、、、
この曲はメロディーはおろか、録音した日、事実もまったく記憶から抜け落ちています。
もしかしたら、誰かがギターを持って家に忍び込んで、録音していったのかもしれません。


そう考えると音楽を録音する、音源化するということ関してはドキュメンタリーの手法が面白いんじゃないかと思っています。

もちろん、コンセプトを作って、それを目標にして音源を作っていくというやり方もあって、
そちらも面白いと思っていますので、
あくまで両睨みですね。


  1. 2013/08/02(金) 15:38:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツアーします! | ホーム | 雨とギター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://youseis.blog109.fc2.com/tb.php/110-08b04957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)