リバーサイドミュージック

日々の雑記

プリミティブギターについて#2 John Faheyとルーツミュージック

プリミティブギターについて前回の記事に引き続き書いてみたいと思います。

プリミティブの意味を調べてみると、「原始的な」「素朴な」「幼稚な」「要素が一つの単純な構成(コンピューター関係)」
とあります。

すべてある意味当てはまっているように思います。
ここでは「原始的な」の意味を掘り下げてみようと思います。
「原始的」の意味を、「過去の形式」の影響を多分に受けている解釈して考えていきたいと思います。

そして、やはりキーマンであるJohn Faheyとルーツミュージック(過去の音楽」との関係を考えてみます。

John Faheyの音楽が形容される時。新しいとか、聴いたことがない、謎だとかいろいろ言われますが、
新しさは古さと表裏一体になっていると思います。
古い音楽への広い見識が音楽の実になっている。
音楽に関して広く言えることですが、新しいとされる音楽にも古い音楽への造詣があったりするものです。
John Faheyに関して言えばアメリカのルーツミュージックの研究家と言っていいほどに
過去の音楽に対する見識は深かったようです。
大学の卒論では「Charley Patton」について書いていたりします。
古いレコード(SP盤)のコレクターの側面なんかも持っています。

John Faheyは自分でも古い音楽をたくさん演奏してます。
それも自分の曲として演奏していたりすることもあります。
しかし、何故か新しく聴こえてしまいます。
それは、音楽のスタイル自体が忘れられたものだからか?
John Faheyの演奏家として素養からか?
まったくもって謎で推測するしかありません。

実際の曲を貼ってみます。
John Fahey/Worried Blues


Frank Hutchison/Worried Blues


*****************
John Fahey/Bicycle Built for Two


INTERNATIONAL NOVELTY QUARTETTE/Daisy Bell (A Bicycle Made For Two)


*****************
John Fahey/Steel Guitar Rag


Sylvester Weaver/Guitar Rag


*****************
John Fahey/In christ there is no east or west


In Christ There is No East or West (McKee)


「何百もの過去のレパートリーがあり、ミックスされ自分の音楽として出てくる」
みたいなことをFaheyが言っていたという記事をどこかで読みました。(すみません文章はうろ覚えです)
これはある意味一つの答えといえます。
多くレパートリーがFaheyのフィルターを通して新しくなったということです。

時代の空気の影響というのもあると思います。
芸術作品は時代の空気に敏感です。
優れた作品ほどその時代の空気を内包しています。

なんともモヤモヤしてわからない所も残ります。
そういうものは言語化できないところがあります。
無理に言うと「祈り」や「呪い」のようなものでしょうか。
古いブルースやゴスペルにはそのようなものを含んでいるように思えます。

Faheyが影響受けたであろう音楽はまだまだたくさんあるので、またの機会に
書くとします。
  1. 2017/05/26(金) 22:32:57|
  2. プリミティブギターについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ