リバーサイドミュージック

日々の雑記

【映画】小津安二郎/お早よう/1959年

1億総白痴化。

テレビによって、国民みんな馬鹿になるって話。
先日観た好人好日にもそういうシーンがありました。
でも結局、買っちゃうんですよねテレビ。


無茶をする子供、口うるさいおばさん、だらしないおじさん
魅力的。
「無駄があるから良い」というくだりが良かった。

自在に屁をひねり出すために軽石を粉にして飲む子供、
繰り返し出てくるシーンで笑っちゃいます。

今の時代だったら、「子供がまねする」とか言ってクレームがきそう。
嫌な世の中です。
「無駄」を許容する世の中であって欲しいですね。

音楽を挿絵のように使う小津マナー、黛敏郎もちゃんと踏襲してます。

IMG_3398.jpg
口うるさいおばさんといえば杉村春子
IMG_3410.jpg
IMG_3412.jpg
IMG_3427.jpg

  1. 2015/10/04(日) 22:01:31|
  2. 映画(備忘録)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】渋谷実/好人好日/1961年

コミカルな家族劇。
とても面白かったです。

一つ上の世代(戦前世代)の古いところは大げさに表現しているところや
(老け役の北林谷栄の関西弁の家のしきたりにうるさいおばあさん役が良い)
壊れた垣根が何回も出てくる、被せのシーン
突然現れる焼き芋屋のテーマ曲のナンセンスなシーン
爆笑してしまいました。

1年目の岩下志麻は可愛いし
当時の奈良の風景が見れるのも貴重。
売れっ子だった黛敏郎の音楽もさすが。

IMG_3329.jpg
喫茶店のことはミルクホールと言っていました。
IMG_3344.jpg
IMG_3362.jpg
IMG_3365.jpg
IMG_3369.jpg
  1. 2015/09/23(水) 14:21:49|
  2. 映画(備忘録)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0